レディーススーツに合わせたいインナーやレンタル情報をお届けします

アラサー世代のレディススーツは、タンクトップやズボンとの組み合わせ

レディススーツなどのスーツデビューといえば大学や短大の入学式という人が多いが、(長く着ること前提なのでレンタルではない)入学式以外では就職活動、入社式などでも着るため、無難な色やデザインを選ぶ。
20歳前後で購入するこのスーツは、シンプルな中にもその人の持つ肌質なども加わり若々しいイメージ。もちろん普段の通勤着として活用することを考えるなら、スカート以外にズボンもセットになったスーツを選ぶと経済的。
手持ちのタンクトップを組み合わせられば、カジュアルな雰囲気も出しつつ、崩さず、アラサー世代でも着れるスーツとなると思う。
ひと昔前ならレディススーツにズボンも組み合わせたタイプなどなく、アラサー世代(アラサーという言葉も、もちろんなかったが)には、レディススーツは買い直しは当然だったと思われる。タンクトップやズボンと組み合わせるなんて考えられなかったのではないかと思う。
タンクトップとの組み合わせを雑誌で紹介するなんて考えられなかったのかも。 レディススーツには、会社で着る堅苦しいイメージ以外にも、冠婚葬祭で着る礼服も含まれる。
特に結婚式や披露宴で着る招待客側の女性には華やかさや豪華さが求められるようで、アラサー世代でもこのときは華やかなカラーやデザインを選ぶ。
ただ、毎回同じレディススーツ(ドレスに近い)を着るわけにいかず、だからといって購入していたのでは金銭的に厳しい。
レンタルであれば安価、種類も豊富、毎回違うスーツが着れるなどメリットが多い。
ただ葬祭で着るスーツはレンタルはない。
なぜか、常識的に考えてありえないとしか言いようがない。
もちとん、ズボンやタンクトップとの組み合わせもありえない。